秋の養生

10月に入り涼しくなりましたが、体調を崩されていませんか?

秋から冬にかけては、燥邪(そうじゃ)という乾燥の強い邪気の時期で、肌や髪、口などに乾燥をもたらします。

秋は五行論の肺の時期にあたり、肺が邪気に侵入されると、空咳や喉のイガイガなどが発生します。

 

肺の不調が起きると、、

・風邪をひきやすい

・鼻水、鼻づまり

・口が乾く

・咳や痰、喘息

・皮膚や髪の乾燥

・アレルギー症状が出やすい

 

また肺は大腸と表裏関係なので、便秘や下痢なども起きやすくなります。

秋に体調を崩す方は、夏の疲れを解消しないままに活動していることが原因で、夏の暑さで体力を消耗し、エネルギー不足の気虚の状態になっています。

9月、10月は夏バテの影響で、風邪をひきやすくなります。秋の養生を行って、冬に備えてください。

 

秋の養生

 

・質の良い睡眠

・水分を補う

・白い食材を取り入れる

・温かい食事をとる

 

肺と関係が深い味覚は「辛味」なので、ネギ、ショウガ、唐辛子といった薬味や香辛料も取り入れて身体を温めてください。

秋は白い食べ物、梨、大根、蓮根、玉ねぎ、じゃがいも、りんごなどで肺を潤してください。

食欲の秋ですが、胃を休めるためにも腹八分目にしてください(^o^)